• ホーム
  • バイタボックスCN191が来ました。

バイタボックスCN191が来ました。

[更新日]: 2017年10月19日

バイタボックスCN191が来ました。

すももの木の試聴用にイギリスの名門バイタボックス社製のクリプシュ型CN191が聴ける様になりました。この広がりと中域の充実感は最高ですね、これぞブリテッシュサウンドですかね。約1300ミリのフロントホーンを折り曲げて作るクリプシュ博士が設計し、1960年代にいち早く実現したバイタボックス社に脱帽です。幅1200ミリ、高さ1300ミリ、重さ120Kgの巨体から堂々と鳴る音楽性が最高です。46インチのテレビが小さく見えます。


S-2、CN352のユニット

S2ドライバー
S2ドライバー

CN352
CN352

バイタボックスでしたらやはりS2ドライバーですね。ウーハーはCN352でフェライトですがとても良い低音を再生してくれます。

T-45のツィターを追加して3WA化しました。

マンソニック T-45
マンソニック T-45

マンソニックのT-45を使用して太く鳴りの良いシンバルが聴けます。

CN-370のネットワーク

CN-370
CN-370

自作ネットワーク
自作ネットワーク

バイタボックスCN-370は設計と部品が古く、コイルも直流抵抗が1.6Ωも有り聴けませんでした。とりあえず臨時で岡谷のコンデンサーに鉄心入りのコイルで作りました。かなり透明度と低域の締まりが良くなりました。

クリプシュ・ホーンCN191システム

改良して透明度、広がりと奥行き感がとても良くなりいい音しますよ。この柔らかい質感がやみつきに成りますよ、すももの木で世界の名器を聞いて下さい。

山梨県で聴ける世界の名器

世界の名器が直熱三極管の真空管アンプで聴ける贅沢さが夢のようです。このチャンスに聴きに来て下さい。昨今秋葉原でも聴くことが出来ませんからね。

製品情報
  • 完成品
  • 真空管
  • スピーカーシステム

カトレアへようこそ

真空管アンプについて

ご利用ガイド

アクセスマップ


ページの先頭へ